最近、抜け毛が多い方

  • 2022.07.28

基本的に毛髪は1日に100本ほど抜けています。年を重ねると抜け毛が増えることは加齢が原因でもあるので気にしすぎもよくありません。また、一般的に季節のかわりめである秋頃は抜け毛が多くなる季節です。正常なヘアサイクルでは、髪の毛が抜けてもそこから新しい髪の毛が生えてきます。しかし、ヘアサイクルが乱れると、新しい髪の毛が成長しづらく、毛根が弱くなり抜け毛が増えはじめます。抜け毛の量が明らかに増えはじめたら注意が必要です。いつもと違うと感じる抜け毛は、異常脱毛の可能性があります。発毛の効果がで...

過活動膀胱が悪化すると…

  • 2022.07.28

頻尿・尿漏れは、たかがおしっこと侮れません。悪化すれば車や電車に乗ることが億劫になり、旅行は勿論外出をすることが嫌になり生活の質が低下します。また、過活動膀胱が夜間に認める夜間頻尿を発症すれば、高齢の方はトイレに行く時に転倒し、太ももの骨折を併発することがあります。結果、生活の質が低下、時には認知症を発症し寝たきりの原因の1つとして報告されています。頻尿・尿漏れは内服で改善します。ただし、直ぐには効果がでませんので継続と根気が必要です。また、膀胱訓練などの行動療法も頑張りましょう。 ...

接触後の尿道の違和感、尿道口からの膿など認めたときは

  • 2022.07.28

接触後に排尿時痛や尿道の違和感、膿がでたときは雑菌による尿道炎、淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、前立腺炎を考えます。淋菌は比較的経過と症状で判断できます。ただし、クラミジアと前立腺炎は症状が似ています。検査をしなければわかりません。お悩みの方は受診してみましょう。 当院は医療ビルの前には4台、徒歩1分のところに提携駐車場があります。(泌尿器科は遠方からも受診される方が多く、寝屋川市・守口市は勿論、四条畷市、大東市、大阪市旭区、鶴見区、城東区からも受診されます。)頻尿・尿漏れ(前...

膀胱訓練について

  • 2022.07.28

3月になり、ようやく暖かくなってきましたが夜になるとまだまだ寒い季節です。この温暖差が膀胱に影響するとも言われており気をつけましょう。今回は、膀胱訓練についてです。過活動膀胱に対して膀胱訓練が大変重要です。 内服だけでは効果がでても中止するとまた元に戻ります。 もとに戻るのを防ぐためには、自分自身の努力も必要です。 それが膀胱訓練です。1回のおしっこの量を300ml前後になるようにためましょう!膀胱におしっこをためると膀胱炎など悪化するのではありません!ほとんどの方が誤解しております。...

膀胱について

  • 2022.07.28

膀胱は、膀胱炎を発症していなくても膀胱壁の血流不全により残尿感や下腹部の違和感を認めます。よって、まずは泌尿器科では尿検査を行い膀胱炎の有無をcheckします。かかりつけ医は、検尿をみずに抗生剤を処方される方がいます。それは要注意です。もちろん改善しませんし、むしろ耐性菌をつくる可能性があります。頻尿=膀胱炎も違います。過活動膀胱や前回説明しました低活動膀胱でも頻尿を認めます。そのような状況を見極めるにはまずは検尿なんですね。そのような事から泌尿器科では検尿を常に行います。頻尿、残尿感...

遠方からも受診される方が多い泌尿器科

  • 2022.07.28

今回は、当院に受診されている患者さんの地域性を順位と共にご紹介します。 1位:やはり門真市ですね。全体の5割ほどです。2位:守口市です。当院の立地性から北にいくと守口市ですので妥当だと思います。  全体の2割です。3位:寝屋川市です。全体の1~2割ぐらいですね。4位:四条畷、大東市、摂津市、大阪市旭区、鶴見区です。これは意外と思われる方が多いと思いますが結構多いです。全体の1~2割を占め其々均等です。 以上からも泌尿器科は遠方から受診されることがわかりま...

過活動膀胱と神経因性膀胱(低活動膀胱)の違い

  • 2022.07.28

過活動膀胱はおしっこをためることができない膀胱です。少し尿がたまるとすぐに行きたくなる状態です。一方で、神経因性膀胱(低活動膀胱)はおしっこを出せない状態です。困ったことに症状は同じ頻尿です。これを勘違いし神経因性膀胱に対して過活動膀胱の薬を処方すると膀胱は悪化し残尿が増悪します。 結果、勿論症状は改善せず、むしろ残尿が増えることにより腎機能の増悪や感染の原因になります。泌尿器科に受診することの恥ずかしさから、かかりつけ医に薬をお願いすることが多いですが、実情はかかりつけ医はここまで診...

患者さんに選ばれる当院の特徴

  • 2022.07.28

徒歩1分圏内に駐車しやすい駐車場があります。(泌尿器科は寝屋川市、四條畷市、大東市、守口市などの遠方からも受診される方が多いです。)院内はスペースを広く保ちアットホームな感じにしております。トイレは常に清潔に保ちスペースも広いです。女性待合室を完備しています。自費診療もスムーズに対応可能。プライバシーも配慮しております。恥ずかしい科と思われがちで受診しづらいですが、医療ビルの3階ですので人目につきにくい立地条件です。頻尿・尿漏れ・血尿・結石・性病・ED・AGAなどあらゆる疾患を診ており...

前立腺肥大症・過活動膀胱・慢性前立腺炎

  • 2022.07.28

急激に寒くなり頻尿や残尿感が増悪しています。添付画像を心がけたり、特に体を温めることはよいことです。具体的には下肢をあたためたり、下腹部にホッカイロなどを張ることは効果があります。是非おすすめなので行ってみてくださいね。 前立腺肥大症について詳しくはこちら 過活動膀胱について詳しくはこちら 慢性前立腺炎について詳しくはこちら やすだ泌尿器科クリニック院長 安田宗生 ...

過活動膀胱以外のおしっこトラブル

  • 2022.07.28

おしっこのトラブルは前立腺肥大症や過活動膀胱だけではありません。症状によって一番気を付けなければいけないのが膀胱がんです。泌尿器科医としてまずは常に前立腺がんや膀胱がんは50歳以上であれば意識して診ております。血尿や頻尿または頻回に膀胱炎になる方はきをつけましょう。それ以外にも上記の患者さんもおられます。排尿でお困りの方はお一人で悩まず、まずは一度受診してみてください。 やすだ泌尿器科クリニック院長 安田宗生 ...