包茎について

  • 2022.07.28

小児の包茎

当院の方針ですが、包皮口がほぼふさがり、亀頭包皮炎を頻回に発症、排尿時に周囲に尿が飛び散るときに手術を希望されれば紹介します。ただし、全身麻酔になるので基本的には可能なら経過観察を勧めます。大体、中学2年生、3年生ぐらいには局所麻酔に対して我慢ができるようになるので、それまで様子をみたいです。

大人の包茎

まず、当院では申し訳ありませんが包茎の手術は行っておりません。
美容クリニックと連携し紹介しております。
美容クリニックですので自費にはなります。10万円ほどかかりますが、一般的に泌尿器科クリニックでも7~8万円ぐらいです。美容外科で10万円ほどは安い方ではあります。
少し高めではありますが、やはり泌尿器科が手術をするよりは縫合糸もかなり細く緻密に縫合するため傷口も綺麗です。少し高いだけの価値はあると思います。
実際に、泌尿器科クリニックで手術を行い、術後、包皮のつっぱりや感染で当院に受診される方も時々おられます。
ご希望の方ご相談ください。

当院では、頻尿や尿漏れ、前立腺肥大症、性病、血尿、尿路結石、前立腺がん、膀胱がんの術後フォロー、ED、AGAなども診療しておりお困りの方はご相談ください。

▼本サイト、トップページのURL
https://yasuda-cl.com/

▼サテライトサイトのURL
https://yasuda-std.com/
https://yasuda-ed-aga.com/

▼女性向け泌尿器科をお探しの患者様へぺージのURL
https://yasuda-cl.com/lp/woman.html

▼院長通信ぺージのURL
https://yasuda-std.com/column.html

やすだ泌尿器科クリニック
院長 安田宗生